eclipseとsvn(Subversion)の連携設定メモ

せっかくeclipseを使うなら便利な開発環境ということで、
重くて苦手意識があった、eclipseを総合開発環境として使うためサブバージョンの設定をメモします。

ここではすでにeclipseをインストール済みでSVNサーバーが用意されている状態が前提になります。

1.eclipseにSubversionプラグイン(subversive)を入れる

eclipseの ヘルプ > 新規ソフトウェアのインストール をクリック

エクリプス

作業対象に「http://download.eclipse.org/releases/helios」を入力し、

フィルタで、「subvesive」を入力し対象を絞る。

下記のように

・Subversive SVN JDT Ignore Extensions~
・Subversive SVN Team Provider~

を選択し、次へ次へと進み、同意できれば完了でインストールが始まります。

subversive

再起動をもとめられるので、再起動後にようこそ画面が表示されるかとおもうので、こちらを閉じます。

2.SVN Kitインストール

下記メニューより、 その他 > SVN Repository を選ぶ。

SVN

下記SVN Kit選択し、インストールすれば、完了。

svnkit

後はSVNとの連携設定をします。
ここでは、SVNサーバーの構築は割愛させていただきます。

3.SVNサーバーと(接続)連携

JAVAやPHP(PDTなど)の開発環境のプロジェクト・エクスプローラーの上で右クリックし > 新規 > その他 > SVN > Repository Location

svn接続を選択し、SVNへの接続情報を、SVNサーバー情報を確認しながら入力してください。

・SVNサーバーのURL
・ユーザー名
・パスワード
・認証を保持するか(任意)

svn接続2

次にSVNのエクスプローラに切り替えて、

接続したSVNサーバーのアイコンを右クリックして「Check Out」とするといつものエクスプローラにSVNのソースがのります。

これで設定完了です。

ほとんどの作業は右クリックのチームというメニューから、SVNの操作ができます。
ソースを触る際、自動でロックをもとめたりなど、なれると使いやすくなるはず!

また差分機能なども全部エクリプス上で確認できます、またもともとローカルヒストリーという機能があり、1時間前に作業した内容と比較などもできて大分便利です。

上記設定ですが、今回はwindows7で設定しましたが、macなど設定も問題なくいけ、
またPHPなどの開発環境であればPDTも問題なく設定できました。

 

XperiaなどのエミュレーターをAndroid+eclipseで動かす

※すでにAndroidの開発環境ができている状態が前提での設定方法です。
Androidの開発環境が準備できてない方は下記を参考まで↓

http://matsudapress.com/?p=452

Xperia X10のセットアップで手順

1.下記サイトより、「ony Ericsson Xperia™ X10 add-on for the Android™ SDK」をダウンロード
http://developer.sonyericsson.com/site/global/docstools/android/p_android.jsp

2.ダウンロードしたファイルを展開し、androidのadd-onsディレクトリ内に、移動する

3.Eclipseなどから、Android SDK and AVD Managerを起動、
Newボタンを押して、「 Sony Ericsson Mobile Communications – API Level 4」を選択、作成する。
xperiaエミュレータ

4.後は、作ったAVDを起動するだけ!

xperia

取り急ぎ参考まで!! 😛

androidアプリ エミュレーター上で野良アプリダウンロードする際のメモ

Androidアプリは、マーケットに公開されているアプリだけではなく、
それ以外にも野良アプリとして色々公開されているところがありますが、
そのアプリをアンドロイド端末をもっていない場合に訳にたつエミュレーター!

下記ではエミュレーター内でアンドロイド野良アプリをダウンロードして使用できる設定方法をメモさせていただきました。

↓こういったケース

前提として、eclipseでアンドロイド開発環境が用意できている状態で、

・eclipseを起動し、プロジェクトを選択し右クリック

・デバッグ > デバッグの構成 新しいウィンドウが開く

ここでManagerボタンを押すとウィンドウが開かれるので、
SDカードを設定したい新しいデバイスを作成する。

「New」ボタンを押してデバイス作成時に、

SD Cardの部分を設定してあげれば、
野良アプリをダウンロードする際に有効です!

参考までに~