eclipseとsvn(Subversion)の連携設定メモ

せっかくeclipseを使うなら便利な開発環境ということで、
重くて苦手意識があった、eclipseを総合開発環境として使うためサブバージョンの設定をメモします。

ここではすでにeclipseをインストール済みでSVNサーバーが用意されている状態が前提になります。

1.eclipseにSubversionプラグイン(subversive)を入れる

eclipseの ヘルプ > 新規ソフトウェアのインストール をクリック

エクリプス

作業対象に「http://download.eclipse.org/releases/helios」を入力し、

フィルタで、「subvesive」を入力し対象を絞る。

下記のように

・Subversive SVN JDT Ignore Extensions~
・Subversive SVN Team Provider~

を選択し、次へ次へと進み、同意できれば完了でインストールが始まります。

subversive

再起動をもとめられるので、再起動後にようこそ画面が表示されるかとおもうので、こちらを閉じます。

2.SVN Kitインストール

下記メニューより、 その他 > SVN Repository を選ぶ。

SVN

下記SVN Kit選択し、インストールすれば、完了。

svnkit

後はSVNとの連携設定をします。
ここでは、SVNサーバーの構築は割愛させていただきます。

3.SVNサーバーと(接続)連携

JAVAやPHP(PDTなど)の開発環境のプロジェクト・エクスプローラーの上で右クリックし > 新規 > その他 > SVN > Repository Location

svn接続を選択し、SVNへの接続情報を、SVNサーバー情報を確認しながら入力してください。

・SVNサーバーのURL
・ユーザー名
・パスワード
・認証を保持するか(任意)

svn接続2

次にSVNのエクスプローラに切り替えて、

接続したSVNサーバーのアイコンを右クリックして「Check Out」とするといつものエクスプローラにSVNのソースがのります。

これで設定完了です。

ほとんどの作業は右クリックのチームというメニューから、SVNの操作ができます。
ソースを触る際、自動でロックをもとめたりなど、なれると使いやすくなるはず!

また差分機能なども全部エクリプス上で確認できます、またもともとローカルヒストリーという機能があり、1時間前に作業した内容と比較などもできて大分便利です。

上記設定ですが、今回はwindows7で設定しましたが、macなど設定も問題なくいけ、
またPHPなどの開発環境であればPDTも問題なく設定できました。

 

eclipseとsvn(Subversion)の連携設定メモ” への1件のコメント

  1. ピンバック: eclipse ライブラリ 読み込ま ない | eclipseブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください